読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

There's an echo in my head

日々のメモ。

El CapitanでSIMBLを有効にする

osx

How to Install SafariStand on El Capitanから勝手に抜粋。

1 Macを再起動し、「ジャーン!」となったらCommand+Rをあるていど押し続けてリカバリモードで起動する

  • 一度押しただけでは切り替わらなかった
  • タイミングの判定がわりと細かい

2 メニューからTerminal.appを起動する

3 次のようにコマンドを叩いてSIPを無効にする

bash3.2# csrutil disable

4 再起動する(rebootでも、メニューからのRestartでもOK)

5 SIMBLのサイトからSIMBL-0.9.9.zipを落としてきて解凍する

6 Terminal.app等で次のようにコマンドを叩いてSIMBLを手動でインストールする

$ cd /path/to/SIMBL-0.9.9 # zipを解凍してできたディレクトリに移動する
$ sudo installer -verbose -pkg SIMBL-0.9.9.pkg -target /
$ sudo rm -rf /System/Library/ScriptingAdditions/SIMBL.osax
$ sudo mv /Library/ScriptingAdditions/SIMBL.osax /System/Library/ScriptingAdditions/
$ sudo cp -p /System/Library/ScriptingAdditions/SIMBL.osax/Contents/Resources/SIMBL\ Agent.app/Contents/Resources/net.culater.SIMBL.Agent.plist /System/Library/LaunchAgents/
$ sudo sed -e "s/Library/System\/Library/" -i "" /System/Library/LaunchAgents/net.culater.SIMBL.Agent.plist

7 リカバリモードで再起動する(先ほどと同じように「ジャーン!」でCommand+R)

8 Terminal.appから次のように叩いてSIPを有効にする

bash3.2# csrutil enable

9 これでSIMBLが有効になったので、あとはこれまでどおり/Library/Application\ Support/SIMBL/Pluginsプラグインをインストールする

このブログに出てくるコードスニペッツは、引用あるいは断りがない限りMITライセンスです。