読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

There's an echo in my head

日々のメモ。

サンクリ60に行ってきた。

ここ最近、テレビで見てる「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」にハマり、特にあやせが気に入ってる。もう嫁さんになってほしいぐらい可愛い。

そんなあやせさんの同人誌がサンシャインクリエイション60で出ると知ったので、ぶらりと行ってみた。コミケは7,8年前に行ったきりなのでこういうイベントは久しぶりだった。

結論から言うと、すごく楽しかった。やりたい!って思った人が、やりたいように絵や音楽でそれを表現しててて、それに興味を持ってる人が集まってて。

ちょっと値段が高くて買うのを躊躇して、でもやっぱ買おうと思って探したけど見つからなかったサークルがあったんだけど、そこのオフセット本に描かれた絵はとても色鮮やかで綺麗だった。アニメのキャラじゃんって言えばその通りだし、それをモチーフにすることで蔑まれることもあるんだろうけど、でもそれを描いた人の頭のなかではそのキャラが色鮮やかに動いているんだなって思ったら感動して、しかもそんな人が集まっているこの場所は素晴らしいなと感じた。

もちろん中にはエロいものもあるけど、それでもそれを描いたってのはとても創造力(妄想力?)に溢れてると思う。*1

そんなわけで、ぶらりと参加したサンクリ60で会場を歩いていて感動に打ち震えてた。表現したいものがあってそれを実行に移すのはとても大事なことだと思う。

ちなみに薄い本は2冊買った。エロくはない。

*1:児童ポルノ法案で規制をかけようとしているけど、子どもがそれを見るのが有害なら入手経路を認可制にして規制をかけるなどの法整備をしたり親が躾けるのがまず先だと思う。または「子どものエロい絵が描かれてるのは実際の子どもがエロい目に遭っているのと同じだ」と考えるなら、そいつは頭がイカれてる。もちろん子どもがその絵を見せつけられてるならそれは事件だけど。などなどこれについて思考はとどまらない

このブログに出てくるコードスニペッツは、引用あるいは断りがない限りMITライセンスです。